Pick up

画廊オーナー注目の逸品

長者町画廊のオーナーがオススメする、素晴らしい作品の魅力をご紹介しております。
様々なジャンルから厳選した作品たちは、世に出ることが少ないものでも受け継がれる技法が詰まった逸品です。
長年、数多くの作品に携わってきたオーナーが注目する作品の数々を、この機会にご堪能ください。

畦地梅太郎
作品名 ピッケル
作家 畦地 梅太郎
制作年 1972年
限定 200部
技法 木版画 
イメージサイズ 32.9×21.1cm
額装サイズ 56.2×44.0cm
状態・詳細 優良 サイン有り
価格 180,000円(税込)
作品名 若者
作家 畦地 梅太郎
制作年 1954年
限定
技法 木版画 
イメージサイズ 39.7×29.2cm
額装サイズ 63.0×47.8cm
状態・詳細 優良 サイン有り
価格 220,000円(税込)
作品名 さけぶ三人
作家 畦地 梅太郎
制作年 1968年
限定
技法 木版画 
イメージサイズ 49.8×37.8cm
額装サイズ 75.7×57.6cm
状態・詳細 優良  サイン有り
価格 200,000円(税込)
作品名 圏谷の残雪
作家 畦地 梅太郎
制作年 1967年
限定 150部
技法 木版画  
イメージサイズ 40.5×31.2cm
額装サイズ 66.5×54.5cm
状態・詳細 優良 サイン有り
価格 250,000円(税込)
作品名 ハーケン
作家 畦地 梅太郎
制作年 1967年
限定 150部
技法 木版画  
イメージサイズ 49.8×37.7cm
額装サイズ 80.0×61.9cm
状態・詳細 優良 サイン有り
価格 250,000円(税込)
作品名 若者
作家 畦地 梅太郎
制作年 1978年
限定 150部
技法 木版画
イメージサイズ 39.3×29.5cm
額装サイズ 62.8×47.5cm
状態・詳細 優良 サイン有り
価格 140,000円(税込)
作品名 山男
作家 畦地 梅太郎
制作年 1953年
限定 100部
技法 木版画 
イメージサイズ 32.5×22.5cm
額装サイズ 54.6×43.2cm
状態・詳細 優良 サイン有り
価格 140,000円(税込)
作品名 山男
作家 畦地 梅太郎
制作年
限定
技法 木版画  
イメージサイズ 34.9×25.4cm
額装サイズ 60.8×48.7cm
状態・詳細 優良 サイン有り
価格 200,000円(税込)
作品名 枯木のいさかい
作家 畦地 梅太郎
制作年 1980年
限定
技法 木版画
イメージサイズ 38.5×28.8cm
額装サイズ 64.2×49.3cm
状態・詳細 優良 サイン有り
価格 140,000円(税込)
作品名 柿と干魚
作家 畦地 梅太郎
制作年 1988年
限定 350部
技法 木版画 
イメージサイズ 36.7×29.5cm
額装サイズ 57.3×49.5cm
状態・詳細 優良 サイン有り
価格 100,000円(税込)
作品名 おひなさま
作家 畦地 梅太郎
制作年 1988年
限定 350部
技法 木版画  
イメージサイズ 36.7×29.7cm
額装サイズ 59.3×47.2cm
状態・詳細 優良 サイン有り 
価格 100,000円(税込)
作品名 頂への道
作家 畦地 梅太郎
制作年
限定
技法 木版画 
イメージサイズ 11.8×10.5cm
額装サイズ 27.2×22.2cm
状態・詳細 優良 
価格 10,000円(税込)
作品名 鳥と山男
作家 畦地 梅太郎
制作年
限定
技法 木版画  
イメージサイズ 11.8×10.5cm
額装サイズ 27.2×22.2cm
状態・詳細 優良 
価格 10,000円(税込)

山岳風景を題材とした木版画作品を多数発表し、「山の版画家」として広く知られる。

略 歴
1902年(明治35年)12月28日 愛媛県北宇和郡二名村(現宇和島市三間町)に生まれる
1920年(大正9年) 上京。
1926年(大正15年) 内閣印刷局活版係の職に就き、空き時間に鉛版画を始める。
1936年(昭和11年) 初の版画集『伊豫風景』を発表。
1937年(昭和12年) 国画会展で国画奨学賞を受賞(1940年には、2度目の受賞)。
1952年(昭和27年) 山男を題材にした作品の制作を始める。
1954年(昭和29年) 東京都世田谷区祖師谷に転居。
1973年(昭和48年) 愛媛県立美術館で「とぼとぼ50年展」を開催。
1976年(昭和51年) 東京都町田市鶴川に転居。
1985年(昭和60年) 緞帳(どんちょう)の原画(「みどりさわやか」)を制作した町田市鶴川文化センターホールが開館。
1986年(昭和61年) 緞帳の原画(「石鎚山」)を制作した愛媛県民文化会館ホールが開館。
1991年(平成3年) 町田市立国際版画美術館で畦地梅太郎版画展開催。
1992年(平成4年) 愛媛県御荘町(現愛南町)の御荘文化センターで「冬山の顔」を原画にした緞帳が、三間町(現宇和島市三間町)の三間町町会館に「親子鳥」を原画にした緞帳が制作される。
1999年(平成11年)4月12日 肺炎のため永眠(享年96歳)。