Pick up

画廊オーナー注目の逸品

長者町画廊のオーナーがオススメする、素晴らしい作品の魅力をご紹介しております。
様々なジャンルから厳選した作品たちは、世に出ることが少ないものでも受け継がれる技法が詰まった逸品です。
長年、数多くの作品に携わってきたオーナーが注目する作品の数々を、この機会にご堪能ください。

吉田 博

作品名 瀬戸内海集 『光る海』
作家 吉田 博
制作年 大正15年(1926年)
技法 木版画
イメージサイズ 37.0×24.5cm
額装サイズ
56.3×43.8cm
状態・詳細 優良

1987年より故ダイアナ妃の執務室に飾られる

価格 売約済み
作品名 瀬戸内海集 『 帆船 朝 』
作家 吉田 博
制作年 大正15年(1926年)
技法 木版画
イメージサイズ 50.5×35.8cm
額装サイズ 80.0×61.5cm
状態・詳細 優良
価格 売約済み
作品名 瀬戸内海集 『 帆船 朝 』
作家 吉田 博
制作年 大正15年(1926年)

技法 木版画
イメージサイズ 50.5×35.8cm
額装サイズ 80.0×61.5cm
状態・詳細 良好  左上部隅に少々退色ヶ所あり
価格 お問い合わせください
作品名 瀬戸内海集 『 帆船  夕 』

作家 吉田 博
制作年 大正15年(1926年)


技法 木版画
イメージサイズ 50.5×35.8cm

額装サイズ 80.0×61.5cm

状態・詳細 少々ヤケあり

価格 お問い合わせください
作品名 町はずれ
作家 吉田 博
制作年 1932年(昭和7年)
技法 木版画 自摺
イメージサイズ 37.7×24.7cm
額装サイズ 65.0×49.5cm
状態・詳細 優良
価格 お問い合わせください
作品名 アグラ郊外 第三
作家 吉田 博
制作年 1932年(昭和7年)
技法 木版画 自摺
イメージサイズ 37.6×24.7cm
額装サイズ 58.5×46.5cm
状態・詳細 優良
価格 お問い合わせください
作品名 アジュメルのブレンデルワジャ
作家 吉田 博
制作年 1931年(昭和6年)
技法 木版画 自摺
イメージサイズ 37.6×24.8cm
額装サイズ 64.5×49.5cm
状態・詳細 優良
価格 お問い合わせください
作品名 アフガニスタンのキャラバン
作家 吉田 博
制作年 1932年(昭和7年)
技法 木版画 自摺
イメージサイズ 37.7×24.7cm
額装サイズ 64.5×49.5cm
状態・詳細 優良
価格 お問い合わせください
作品名 アフガニスタンのキャラバン 月夜
作家 吉田 博
制作年 1932年(昭和7年)
技法 木版画 自摺
イメージサイズ 37.7×24.7cm
額装サイズ 64.5×49.5cm

状態・詳細 優良
価格 お問い合わせください
作品名 瀬戸内海 鞆之港
作家 吉田 博
制作年 1930年(昭和5年)
技法 木版画
イメージサイズ 37.1×24.6cm
額装サイズ 53.0×46.5cm
状態・詳細 優良
価格 お問い合わせください
作品名 東照宮
作家 吉田 博
制作年 1937年(昭和12年)
技法 木版画 自摺
イメージサイズ 37.7×24.7cm
額装サイズ 58.5×46.5cm
状態・詳細 良 少々シワあり
価格 300,000円(税込)
作品名 櫻八題・桜門
作家 吉田 博
制作年 1935年(昭和10年)
技法 木版画 自摺
イメージサイズ 37.7×24.7cm
額装サイズ 59.5×47.5cm
状態・詳細 優良
価格 お問い合わせください
作品名 鷲羽岳の野営・日本アルプス十二題の内
作家 吉田 博
制作年 1991年後摺、初摺りは1926年(昭和15年)
技法 木版画 
イメージサイズ 37.0×24.7cm
額装サイズ 53.0×41.5cm
状態・詳細 優良
価格 売約済み

明治から昭和にかけて早くから海外でも活躍した風景画家。
浮世絵など日本の伝統的木版画技法に西洋の写実的表現を融合させた新しい木版画ー新版画を目指した。

吉田 博

略歴

1876年 旧久留米藩士・上田束秀之の次男として、久留米市に生まれる。
1888年 福岡県立修猷館に入学。
1891年 修猷館の図画教師吉田嘉三郎に画才を見込まれ、吉田家の養子となる。
1893年 修猷館を卒業し、京都で洋画家田村宗立に師事する。
1894年 上京し小山正太郎が主催する不同舎に入門し、後に明治美術会の会員となる。
1899年 中川八郎と共に渡米し、デトロイト美術館で「日本画家水彩画展」を開催する。
1902年 前年に解散した明治美術会を引き継ぐ形で、「太平洋画会」(現・太平洋美術会)を結成。
1903年 二度目の渡米で、ボストンを拠点に展覧会を開催。
1907年 第1回文展において3等賞を受賞。以降出品を重ね、審査員も務める。
1920年 新版画の版元の渡辺庄三郎と出会い、渡辺木版画舗から木版画の出版を開始。
1947年 太平洋画会会長に就任。第3回日展の審査員を務める。
1950年 東京にて逝去。